広告・マーケで人を幸せにしたい

マーケティングや書評中心のブログです。

【広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめない。】CMの視聴質はなぜ大事か

 

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

 

 

昔友人がオススメしていた本です。
当時私は、ウェブのメディアを運営する会社で広告営業をしていました。

 

当然のことながらお客様の広告効果を最大化させる上で、自社のメディアだけでは限界があり、もっとお客様と一緒に成功を作っていきたいと思うようになりました。

 

その中で感じたのが、本当に広告って大事?ということです。

世の中では、広告を使わなくても売れた事例はたくさんあります。
例えば、聞いたことがある方も多いと思いますが、京都の大学生協での出来事です。

 

f:id:jollibee0719:20180310182744j:plain

「あほ西(あほな小西)が大変な発注ミスをしてしまいました。

心優しい京教性の皆さまご協力お願いします。」

といったこのポップ。

2012年に京都教育大学の大学生協で起きた発注ミス。
本来の200倍にあたる約4000個のプリンを発注してしまいました。

この事態を知った大学生が、ツイッターで呼びかけ、その日のうちに完売しきったという話です。因みに似たような事例は増えて、ある種の炎上商法と揶揄されることもありました。

 

このように、広告以外で人が動く事例はいくらでもあります。
本書では、人の数ごとにこの人が動いた事例とその出来事の特性を抽出し紹介してくれています。

当時私はメディアにいたし、とはいえ広告は必要だろうということで読まないでいました。その後広告代理店に入社してから、広告以外でお客様にやってあげれることはないか模索するようになり、ふとこの本のことを思い出し少し斜に構えて本書を読み始めました。

 

この本のタイトルは少し過激的で少し誤解を招くものです。

本書でも正確にいうとこういう事だと仰っています。

「できるだけたくさんの消費者に、たくさんのメディアを通じて、自社のメッセージををリーチをさせればさせるほど、マーケティング・コミュニケーションは成功に近づくはずだ」というような、盲目的な「メディア横断×リーチ拡大志向」は誤りだ。

 

つまり、どんぶり勘定じゃ今はもうだめだぞって事です。
広告業界にいる人はもちろん知っていますが、昔はそれでも良かったんです。

 

理由は3つあります。

 

供給過多時代

そもそも物があまりない時代だっため、知ってもらえば売れる時代でした。

それが今や日本も物で溢れかえって売れにくい世の中です。今は海外商品など競合商品も増えてきています。

 

情報量過多時代

インターネットの普及により、今やたくさんの情報を浴びながら生活しています。

一方で人が消費できる情報の量はあまり増えません。たくさんある情報ある中で自社の情報を届かせることが難しくなったのです。

 

情報取得の主導権が移った

もう1つは、今まではテレビや新聞により情報が一方通行で発信されており企業側が主導権をもっていましたが、今やスマホなどテレビ以外のメディアも増え、情報取得の主導権は消費者に移ったことです。

 

というわけで、たくさんの人に知ってもらえばオッケーという時代ではなくなりました。そこで、様々なメディアを使い分けましょうという話なのですが、どうやって使い分けましょう。

 

 

・テレビは、数千万人にリーチができる媒体である。

・新聞は、ほぼ数百万人へのリーチとなる。

・検索連動型広告は、数百人から数万人単位までリーチが絞られる。

 

本書では、ゴルフのクラブを例に説明したのが分かりやすかったです。

最初からパターを握る人はいないし、グリーンにのってアイアンを握る人はいません。
用はターゲットにあわせて、中度良いサイズのメディアを選びましょうという話です。

 

マーケティング・コミュニケーションにおいては「大は小を兼ねる」ではない。常に最適なリーチを見極めて、メディアを使い分ける必要がある。

 

では、消費財などのメーカーなどはテレビ広告を打てばいいのでしょうか。
ここについては、本書とそれるため議論されていませんが、そうではありません。

 

私も習ってゴルフに例えて話してみようと思うのですが、最初にドライバーを握るのはいいのですが、乗せたいところに狙って精度高く打ちたい所です。


ところが、今のテレビ広告では視聴率という、どれだけ広告をうったかという量でしか見ることができなく、質という所を見ていない企業が多いのです。
ゴルフの例に戻せば、打った距離は分かるけど、それがバンカーに落ちたのかもしれませんし、ラフになったかもしれません。

F1層(20~34歳の女性)を狙いたいのに、30代の男性にしかCMを見られていなかったらもはや、OBです。

 

そう考えると私も盲目的な「メディア横断×リーチ拡大志向」に反対です。

 

特にテレビ広告は、広告費も大きいためここの質を高めることで、広告効果を向上させるのにレバレッジが効くので、個人的にはとても重要になっています。

 

実際に、テレビ広告を量ではなく、質で見ようという試みは日本でも一部行われていますし、アメリカはもっと進んでいます。


この本を読んだからというわけではないですが、私はこのテレビ広告の質をしっかりクライアントに伝えて、広告効果を改善していく仕事ができればと思いこの度転職しました。

 

転職については、また別途書きたいと思います。

 

あ、先程の大学生協の事例のような、戦略PR的なことが好きなひとは

たくさん事例がのっているので読んで見ると面白いと思います。

 

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。

 

 

 

 

【お金2.0】経済システムから学んだ自分にとって居心地がいい組織とは

なんでこの本を買ったのかというと、

あまり覚えていないのだけれど、拝金主義に疑問を感じたり

昔は目の前の事に熱狂してたんだけど、同年代の人との年収や知人がインスタにあげる高級料理を見ては、なんだか最近価値観ぶれてるなぁと思ったことからだったと思っています。

 

移籍先を決める大切な時期でもあったので、改めて自分が大切ににしていたことを思い出したかったのです。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

  

著者の佐藤さんは、この本で資本主義から価値主義に移行しているということを主張しており、これからの世の中について書いています。

 

資本主義が悪いとかなくなるという話ではありません。経済の歴史を遡り、今どんな経済・価値間なのか、そしてこれからどんな生活が待っているのかも最期一部紹介してくれています。

 

この本を読んで、周りで聞いてきたり勉強してたことが面で繋がったような感覚になりました。

 

例えば、新卒の就活時に、大企業ではなくてベンチャーの企業への就職がいいとか。

※当時は、よく分からなかったけどそういう事を言っている人かっこいいなあ位で

 ベンチャー入ったけど、本当の意味で理解していなかったと思う。

 大企業で活躍してる人もいますし。

 若い内にたくさん打席に立てたので私は、ベンチャーで良かったと思っていますが。

 

田端さんのこのツイートとか。

f:id:jollibee0719:20180219184134j:plain

 

というわけで最近、「自分は何ついて価値を感じて、どんな価値を提供していいきたいのか」をとても考えるようになりました。

 

今まで、いい意味でも悪い意味でも他人の言葉に影響されて生きてきて、自分で考えてはいなかったと思います。

 

結論この本では、「安心しろ、自分のスキルを研くことを考えていればそれが価値になって幸せになるよ」だと思っています。

 

ただ自分のスキルを磨き続けれる環境についても触れており、

これまでの自分との経験を照らし合わせて、納得する部分もあったので紹介したいと思います。

 

 

持続的かつ自動的に発展していくような経済システムに以下の5つの条件があるようです。

 

①インセンティブ

金銭欲や承認欲、競争欲など。

儲けたい、モテたいなど、認められいなどの人間の欲求を満たす報酬です。

前職の場合は、認められたいという欲求がとても強かったと思います。

儲けは、頑張っていればついてくると思っていました。

ただ歳を重ねると家族ができたりすりと金銭的な欲求は生まれてきそう。

このインセンティブが1番重要な気がする。

 

 

②リアルタイム

人間は変化が激しい環境では、緊張感を持てるらしいです。

これは必ずしも必要がいまいちわかっていませんが、大阪支社作りにいったり、体制変更が会った時は、朧気ながら記憶があります。

毎日同じことやっていたら、飽きるから色んなことできるといいよねって事なのかなと。

 

 

③不確実性

不確実性がない世界は想像力を働かせて積極的に何かに取り組む意欲が失われてしまうそうです。

確かに、どの大学に入って、どの会社に入って、誰と結婚するのかわかっている人生ってやる気なくなりますね。

確かに、このまま頑張っても頑張らなくても年功序列で、給与は上がっていくという事が分かれば、仕事に対する意欲って落ちますよね。

今の会社はそんな感じです。

 

 

④ヒエラルキー(秩序の可視化)

目に見える指標がないと自分の立ち位置が分からなくなり、また指標が存在することで、自分が他人の距離感や関係性を掴みやすくなるそうです。

 

確かに、あそこのポジションを目指そうと頑張ったりした記憶があります。

一方で今は、それがあまりなく何をどこまで頑張ればいいか分からなくなっています。

 

 

⑤コミュニケーション(参加者が交流する場がある)

人間は社会的な生き物なので、他人との関係性で自己の存在を定義します。

他人と協力したり議論したりすることで共同体が1つであることを認識できるようになるとのことです。

 飲み会だとか、ランチ制度とか朝会、日報とかがこれに当たるのではないでしょうか。

広告代理店の多くはここが薄く、チーム感ってあまりないですよね。

 

 

他にも寿命と共同幻想

 +α的な感じで紹介されていたのが、共同幻想です。

これは会社でいうと企業理念とかですね。宗教っぽいていう人もいますが私は割りと大事だなと思っています。なぜこの時代に同じ場所同じ時間に集まって仕事をするのか、はここの共同幻想が根底にあるからなのではと思っています。

これに感じないで仕事してしまうと、隣の席の人を仲間だと思うことなく、愚痴がおきたりするんだと思っています。

 

 

まとめ 自分にとっての居心地がいい組織とは

 

①インセンティブ

自分がそこで働くメリットを明確にする。

現時点での給与は高くなくても、自分のやりたいことができる組織。

自分がやりたいことは、いくら時間を費やしても苦にならないようなこと。

 

②リアルタイム

ある程度業務に幅をもって仕事ができる組織

大手企業だと分業されており、1つのことを繰り返し行わなければならないのは自分には向いていない。

 

③不確実性

会社が傾くかどうか分からないというのは不安定すぎるけど、

業界として誰もやってない事に取り組んでいる組織。

ウェブマーケは好きだけど、リスティングの出稿とかどの代理店もやっているし

Googleなどプラットフォームのルールの中でプレイするので不確実性は乏しい。

自分も必要だなと感じて、それに取り組んでいる企業に働くことは業界を変える可能性がありダイナミック。

 

④ヒエラルキー

ある程度会社規定や目標設定がしっかりしている組織。

なければ自分で作成し、リクエストする。

目標設定曖昧にしながら業務に入りがちですが、自分の目指すべき地点が不明確だと

自分がイケているのかイケていないか分からない。

 

⑤コミュニケーション

業務外のコミュニケーションが活発な組織。

これは、外から見える会社とそうでない会社がありますので難しいですが

私にとって経験上コミュニケーションが活発な組織での幸福度は高かったです。

 

 

ココらへんが自分にとって居心地がいい組織なのかなと思いました。

本書はあくまで価値主義の話であって、今回の記事の内容が主旨ではありません。

 

個人的には、周りで同じような話を聞いてきたけど言葉にするとそういうことかと感じ、また年収ではなく、自分のスキルを伸ばすための転職の後押しになりました。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

 

 

 

 

【外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術】自己啓発じゃなくてビジネス本を読もう!

 

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

 

 

この本で学べた事。 

・読書量ではなく、読んだ後が大事

・読んだ後のアクションはビジネス書と教養本で異なる。

・ビジネスは、転記するな。暗記するな。何度も読んで仕事に実践。

・教養本は、気になって線を引いたら中から5~9箇所転記。そこから

 自分のアクションに繋げれるものを1つ選べ

・進まない本があったら無理して読もうとしない

・オススメの本の紹介

 

上記が自分の中で勉強になったことでした。

最初は目次を羅列したり、とにかく大事な箇所を書き写してましたけど

この本の著者が言うように、その作業が嫌になるから多くても9箇所だけにしようと思います。

ビジネス書はそもそもまとまってあることなので、転記は意味なし。

忘れるのを前提で何度も読むことにします。

そういえば、本を読み返したことがなかったので月末にその月読んだ本を読み返すか、

1度読んだ本をすぐ2週目といくか、自分にあった方を試していきたいと思います。

 

あと本をビジネス書と教養書意識していなかった。

ビジネス書っぽいビジネス書しか読んでいなかったなーと反省です。

 

ちゃんとしたビジネス書を読みます。

筆者が本書でオススメしていた本を紹介。

様々な方にオススメの本を紹介してもらった中で、多くあげられた本の中でも

著者が激選した本とのことです。

 

著者曰く、古典は良書が多いらしいです。

その中でも自分が来月以降読もうと思う本をいくつか紹介。

 

 

改訂3版 グロービスMBAマーケティング

改訂3版 グロービスMBAマーケティング

 

 

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

  • 作者: アルライズ,ジャックトラウト,Al Ries,Jack Trout,新井喜美夫
  • 出版社/メーカー: 東急エージェンシー出版部
  • 発売日: 1994/01/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 17人 クリック: 250回
  • この商品を含むブログ (61件) を見る
 

 

キャズム

キャズム

 

 

 上記はマーケティングですが、ジャンルごとに基本編、応用編とレベルに分けて紹介してくれています。

 

 因みに今読んでいる本はこれ。

ざっくり分かるファイナンス?経営センスを磨くための財務? (光文社新書)

ざっくり分かるファイナンス?経営センスを磨くための財務? (光文社新書)

 

 これが、本当に分かりやすい。

一度説明してくれた事を、途中繰り返して説明してくれたりするので

途中わからなくなって、読み直すこともないのでどんどん進めます。

 

社会人の教養としてしっかり繰り返し読みます。

 

 

 というわけで初めての読書指南本はとても満足でした。

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

 

 

ブログ飯 自分のブログコンセプトについて

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

ブログ飯という本を読みました。

 

 

本の内容については、まあ仕事辞めた人がブログを初めてブログで飯が食えるようになるまでという内容の本です。

読み物として、面白いなといった感想です。

 

 

私は、比較的仕事が好きなので特にブログで飯を食いたいと思わなくなったのですが

何かを人に伝えるのは好きだし、PVという分かりやすい目標があっていいなと思ってはじめました。

 

それで、小遣いが稼げたら嬉しいし、自分が学んだことを文章にして整理したいなと思い始めました。

 

結果、いつも広告代理店の立場ですが、アフィリエイターの目線も経験できたし

HTMLや、サーバーやドメインのこともなんとなく勉強になりました。

SEOも勉強したし、得る物がとても多いと思いました。

 

ただこの本を読んでから、ブログの更新が滞ってしまいました。

それは、ブログのコンセプトを考え直すようになったからです。

 

ブログの目的を振り返えると、上述の通り

自分の学んだことを整理することです。

 

なのに書評ブログを読み返すとと自分の頭に残っているかというとそうではありませんでした。

というか、本を読み直した方がマシです。

それもそのはず、

目次をなぞってみたり自分が大事だと思った部分を書き起こしただけだったからです。

 

 

どうしようかなと悩みながら1ヶ月

現代の魔法使いと呼ばれている落合陽一さんが動画の中で、こんなことを言っていました。

 

「勉強と研究を繰り返すことが大事。勉強は他人が研究したことを学ぶことで、研究は他人を勉強な状態にしてあげること。例えば、勉強は教科書を読む作業で、研究は教科書を作る作業。それを交互にやることによって、知識が広がっていく。」

 

私は、ただ教科書をノートに書き写すことをやっていただけだったの痛感しました。

別に教科書を作る必要はないのですが、知識をもとに自分で考えないことには知識は定着しないし、何より作業になってしまうので面白くない。

 

 

というわけで、このブログでは触れた知識をもとに自分で考えたことをアウトプットし、読んだ人が分かりやすいようにまとめることをコンセントに続けていきたいと思います。

 

思考は浅いですが、自分で考えることを意識した記事が1番反応が良かったです。

 

 

www.adhappy.site

 

www.adhappy.site

 

ありがとうございます。

というわけで考えます。

 

【リアル行動ターゲティング】自分の行動からどんなニーズがあるのか考えてみた

最近、行動ターゲティングに関するサービスについて触れたことがあったので

まだ読んでいなかった横山さんの「リアル行動ターゲティング」の本を読みましたので備忘録として。

まだ行動ターゲティングって何?って人でも楽しめる本だと思います。

 

リアル行動ターゲティング

リアル行動ターゲティング

 

 

本書について

デジタルマーケティングって、いろんな言葉の意味で使われておりますが、

オフラインの事象をデジタル化してマーケティングに活かす。事だと考えています。

 

よくO2O(Online to Ofline)というオンライン広告を活用して、実店舗の集客へ繋げるという言葉がありますが、

行動ターゲティングのように、オフラインの情報を元にマーケティングを行いオンライン広告を実施するといったOfline to Onlineという考えがあるというのはとても興味深いものでした。

 

筆者は本書の中で、消費者のニーズは行動に表れると言っております。

それを裏付ける面白い話が紹介されていたですが、筆者の横山さんが昔

お皿の趣向調査のために、主婦に対して街頭アンケートをしたそうです。

いくつかのお皿のアンケートで、使いたいもの、贈りたいもの、贈られたいものに関するインタビューをしているようです。

みたいにアンケートをとっていたそうです。

アンケートが終わった後に、「せっかくですからそれぞれ好きな物を持ち帰ってください」と言うと、是非家で使いたいといったものではなく、ほぼ全員がシンプルな丸皿を持ち帰ったらしいのです。

 

つまり、本当の心理は行動に表れるのであって、意見を聞くことだけではなく心理を得られないというコトを実感したそうです。

 

本書では、そんな行動ターゲティングの重要性と、行動ターゲティングから消費者に広告をあてる手法についても紹介しております。

 

本書を読んで考えてみたこと

 では自分の行動からどんなターゲティングがされうるのか考えてみました。

行動っていうとネットとリアルに分かれると思います。

ネットの場合は、リスティング広告などあるので捉まえるのは比較的容易だと思います。

ということで、リアルで私はどんな行動をとっているのだろうか。

携帯の位置情報サービスから読み取っていましょう。

 

広域

f:id:jollibee0719:20180131212604j:plain

広域で見てみると、海外に言っていることがわかりますが、

これではたまに海外良好に行く人位でしかわかりません。

航空券の格安セールなどの広告は少し有効かも。

 

狭域

f:id:jollibee0719:20180131212615j:plain

 これで見ると宮城県が活動拠点になっていて、たまに東京に行く人のようですね。

また宮城が拠点であるため、盛岡や岩手にも行っているようですね。

出張でいろんなところに行くか、または、国内外問わず旅行が好きな人かもしれません。

 

もっと狭域

f:id:jollibee0719:20180131213416p:plain

これを見てみると仙台に住んでいる可能性が高いっすね。

石巻にも結構行っているっぽいです。

実家が石巻なのか、仕事で行くことが多いのかもしれません。

車を使っているのであれば、自動車の広告に反応するかも?

石巻のイベント告知があれば来てくれるかも?

 

「仙台在住」だけでは、ターゲティングの精度としては荒いですね。

 

もっともっと狭域

携帯がアンドロイドであれば、グーグルマップから上記のデータもとれますし、

頻繁に行く場所も特定できます。

私の場合

1.会社

2.家の最寄駅

3.家

4.会社の最寄り駅

5.担当クライアント

6.生協

7.家の近くのファミマ

8.仙台駅

9.ビッグ(イオン系のスーパー)

10 .石巻駅

 

といった感じです。

家と会社まで電車での往復が多いですね。

この時点で年代や性別がわかっていて、ある程度同じ行動を取っている人のデータが取れたら電車の広告をやりましょう。って判断がつきそうです。

 

 

他にも、生協やビックに行くということは料理をする可能性が出てきます。

そんな人のニーズはなんでしょう。

スーパーのちらし広告もいいかもしれませんし、オイシックスみたいな宅配サービスも良さそうですよね。

こういう事を考えるとよだれがでる位楽しい。

 

本書から学んだマーケティング思考

 デジタルマーケティングが面白いのは、デジタルのデータが取れたからといってデジタル広告をするのではなく、リアルの行動をデジタルデータ化して、リアルの施策を行う。という所だと思います。

 

行動ターゲティングを考えた時、ネットやリアルと分けて考えていましたが、

こう考えるとそこを横串で考えるのが、デジタルマーケティングなわけです。

 

まとめ

アドブロックという、広告を表示にするするアプリがアップルストアでランキング入りしたりする位広告って嫌われがちですが、ターゲティングの精度が上がり本当の意味で消費者のニーズを満たす情報発信ができれば素敵な世の中になるんじゃないかと思っています。

私はそんな世界観を作っていきたいと思っています。

そのために広告業界の健全化にも取り組んでいく所存でございます。

 

しかし横山さんの本は勉強になります。

もっと詳しく知りたい方は是非こちらの本を

 

リアル行動ターゲティング

リアル行動ターゲティング