広告で人を幸せにしたい

広告営業マンのブログです。広告やお弁当のことを中心に書いていきます。

【教養としての社会保障】改めて政治・経済を勉強し直す。

友人からふるさと納税の誘いをもらってから、

社会保障について勉強したいなと思うようになりこの本を手にとりました。

アマゾンでもレビューが高かったのですが、年始早々素晴らしい本に出会えたなと思いました。

この本を読むと、

高校で学んだ政治経済を学び直すことができ、政治に興味をもつようになりました。

人生を変える1冊となりました。是非読んで欲しいです。

教養としての社会保障

教養としての社会保障

 

 

本の目次

第Ⅰ部 社会保障とは何か~制度の基本を理解する
第1章 【系譜、理念、制度の体系】ギルドの互助制度を手本としたビスマルク
第2章 【基本哲学を知る】「共助」や「セーフティネット」が社会を発展させた
第3章 【日本の社会保障】戦後日本で実現した「皆保険」という奇跡

第Ⅱ部 マクロから見た社会保障社会保障と日本社会・経済・財政
第4章 【変調する社会・経済】人口減少、少子化高齢化で「安心」が揺らぎ始めた
第5章 【産業としての社会保障社会保障はGDPの5分の1を占める巨大市場
第6章 【国家財政の危機】次世代にツケをまわし続けることの限界

第Ⅲ部 日本再生のために社会保障ができること
第7章 【目指すべき国家像】「将来不安」を払拭するために何をすべきか
第8章 【新たな発展モデル】北欧諸国の成功モデルから学べること
第9章 【改革の方向性】「安心」を取り戻すために、どう改革を進めるべきか

付 章 【提言】人口減少社会を乗り切る持続可能な安心社会のために

 

この本の著者について

 著者は、香取照幸(かとうてるゆき)さん。現在でいう厚生労働省にいらした方です。

東大から役人という、いわゆるエリートコース。

元役人という現場にいる方からの社会保障の本ってあまりなくて、

評論家の人の主張とは別で、生々しく読んでいてとても面白かったです。

香取さんの人柄か、タイトル違って話はわかりやすく砕けた話もあり読みやすい内容でした。

 

本の概要

 タイトルにある「教養の社会保障」ということで、社会保障の歴史から現在までの流れ、社会保障の考え方、日本と世界の社会保障の違い、現在の日本の課題点、課題に対する対策などと、マクロの視点とミクロの視点でわかりやすく解説してくれます。

 

社会保障登場の背景

産業革命後、労働者が都心に集中。

労働者階級は、過酷な労働環境を強いられ、貧富の格差拡大、衛生水準の低下などの社会問題が発生しました。それを解決していくシステムとして登場したのが社会保障制度です。

 

 社会保障の役割

つまり社会保障の機能は、「民生の安定」

民生の安定とは、国民の生活・生計の安定を守る、ということで、人々が生活に困ることなく安んじて生活できるようにする、ということです。

 

もう1つは社会の発展を支えるもの。

これは、私の中で新しい発見でした。

社会保障は、社会の分裂を防ぎ、それを通じて社会の発展を支える機能もあります。

産業革命後は、資本家と労働者による貧富の差が発生し対立が起こります。

現在の日本にもホワイトカラーとかブルーカラーとか階級ってありますよね。

どっちが良いとか悪いとかはないですが、ここの格差が激しいと社会が分断されてしまいます。そこで国家の機能として富の集中を是正し、所得の再分配を行うことで社会の分裂を防ぎます。

 

こう考えると、自分の税金は何かしらの理由で十分に働けない人に役に立っているかという気持ちが少しがわきます。

私は、片親ではありましたがとても恵まれた環境にいると思っています。そうでない人に還元するのは当たり前だよなと思うようになりました。

 

またまだ元気に働いている内はいいですけど、怪我したり病気したら、歳をとって困った環境になってしまった時。忘れがちな相互扶助という考え方を再認識します。

 

社会保証の種類

 

f:id:jollibee0719:20180120114538p:plain

こんな感じで、1口といっても社会保障ってたくさんあります。

本書では1つ1つどれにどれくらい使われているのか簡単に説明してくれています。

因みに私は、国民健康保険と健康保険の違いすら知ってませんでした・・・

そして健康保険の半額は会社が払ってくれているのも知りませんでした・・・

このタイミングで読んでてよかったです汗

 

他にも、財政について詳しく教えてくれます。

国債の話とかよく分からず暗記だけしてた学生時代でしたが、やっと理解しました。

 

まとめ

「俺は誰の助けも借りないで、ちゃんと1人で生きている。誰にも迷惑はかけていない。それで高い保険料取られているのに、病院が年寄りのサロンみたいになっているのはけしからん」みたいな人いますよね。

社会保障制度は多岐に渡っていて、それぞれ恩恵をうける人が異なります。

自分が関わる制度は皆それぞれで、自分に関係ない部分のことに感心がない。

他のところはどうでもいいってなりがち。

結果、社会制度を変更するときに、国民全体の理解を得るのが非常に難しい。

社会保障を理解する難しは、ここにあると筆者は言っています。

 

カナダで知り合った日本人で、そういう不満ばかり言って政治家に石を投げるようなことばかりで何も動こうとしません。たまには石を投げる側に立てばいいのに。そんな風に思っていました。

そしてこの本を読んでわかったのが、そう思っているだけの私はもっと酷いんじゃないか。

成人してから7年経ってしまいましたが、これから勉強して社会を一緒に考える人間になりたいと思いました。

教養としての社会保障

教養としての社会保障

 

 

2018年になってからアクセスカウントがおかしい。

昨年の12月にPROに変えたのが影響しているのか

アクセスカウントがおかしい。

 

こんな感じに1日おきにアクセスのボラティリティが激しい。

f:id:jollibee0719:20180119214827p:plain

記事投稿していないのに、

アクセス99になったかと思えば、次の日に9

 

・1日おきにアクセスの差が出る。

・googleAnalyticsとのアクセスの乖離も60%位でる。

・検索稼ぎ頭だった記事が、圏外に。

 

どなたか考えられる原因を教えてください(泣) 

 

【図で考えるとすべてまとまる】これからは読書後、図でアウトプットする

2017年は月に5冊を目標に読書することで、読書がすっかり習慣づきました。

読んだ内容を忘れないように、こうやってブログでアウトプットしております。

ただブログに本を書き写しては意味がないと思っていたので、

自分で図にまとめてアウトプットしたいなと思っていました。

 

そんな時に見つけたのがこの本です。

パワポ力を向上したい方、ロジカルシンキングができるようになりたいという人にもおすすめです。

図で考えるとすべてまとまる

図で考えるとすべてまとまる

 

 

著者について

村井瑞枝(むらい みずえ)さんは、現在外食企業への戦略コンサルを行う会社を立ち上げ、代表を務めています。

高校卒業後、調理師専門学校を卒業。

その後アメリカの名門ブラウン大学を卒業。

外資系の金融会社や、コンサル会社という面白い経歴の方です。

手作りマドレーヌのお店をやっており、

料理、金融、マーケティングと3つの領域のプロといった感じですね。

インタビューで見たのですが、幼少時代は給食のメニューを1ヶ月感覚えていたようです。

凄く頭いいんですねw

 

本書について

1時間30分位でさくっと読めました。

ざっくり言うと、以下の3部構成でできていると思います。

①図で考えることの必要性やメリットの説明

②7つの図のパターンの説明と例題

③実践シーンを物語調で復習

 

①は、ささっと読んでいいと思います。

②、③から面白くなり一気に読みました。

 

この本を読んで

①物事の整理の仕方

②きれいなパワポの作り方

を身につけれると思います。

 

図の構図は見たことありましたが、どんな時に使うのかわからなかったので

大変勉強になりました。

 

本の内容を実践してみる。

というわけで、早速本の内容を実践して図解してみたいと思います。

お題は、ブログのアクセスアップについて考えるです。

 

 

因数分解の使い方

因数分解は、複雑な問題に取り組む時に、アイデアを考える切り口を与える。

 達成したい目的を一番左箱に入れる。

その目的を構成する要素は何か考える。

イデアをできるだけたくさん出すことが大事。

f:id:jollibee0719:20171231184226j:plain

 

 

マトリックス図の使い方

物事をタイプ別に分けることで、それぞれの関係性や優先順位を決める。

 

f:id:jollibee0719:20171231190035j:plain

こうやって書いてみると、解決策がしょぼいですね。

わかってるんだけど、それができないからアクセスが伸び悩んでいるんだという感じですね。

というわけで、インパクトが大きいけど難易度が高い方法を実践していきます。

この難易度は自分の今のスキルに対しての難易度なので、

これをどうやって難易度を低い方法にするのかを考えてみたいと思います。

結論、ユーザーのためになるように、しっかり考えて記事を書くことにつきますね。

 

■表の使い方

たくさん、情報を簡単に整理する際に使う。

様々な方の意見を言ってまとまらない時に便利で一番使うようです。

今回の例では必要なさそうなので、割愛。

 

■比較のパターンの使い方

何かを比べてどちらがいいか検証する時、またそれぞれの違いを示したい時に使う。

私は、今のブログのどのカテゴリの記事を強めるべきか表にしてみました。

f:id:jollibee0719:20180108140558p:plain

 

△は、条件によるという意味です。

 

広告と読書感想文は、アウトプット記事にするのに時間がかかっています。

しかしどちららも書いてた楽しいカテゴリです。

読んだ本をジャンルにわけてまとめサイトにしてみたり、

〇〇な人にオススメシリーズの記事などを作ってみたいと思います。

 

 

■線表のパターン

目に見えない時間を誰にでもわかる形にする時に使う。

ここでは自分で管理しているので、わざわざ表にする必要がないと思うので割愛。

 

 

■コンセプトのパターン

 これを使うと、とても簡単にかつ分かりやすく、そのものの特徴を表現できるです。

コンセプトを表現するためには、まずコンセプトを構成する要素の数だけ◯で書き出して

その◯同時がどういう関係なのかで伝えることができます。

このブログに当てはめて考えてみました。

f:id:jollibee0719:20180108142529p:plain

自分のブログのコンセプトを改めて考えてみると

今のブログのあり方って上記のコンセプトとずれているなーと。

改めて、誰のためのブログなのか考えなおして運営していきたいと思います。

 

 

まとめ

図で考えるって究極の抽象化ですね。枝葉を切り取り、根本的な特徴のみ表す。

今回本で学んだことが、読書後のアウトプットに活かせるのかわかりませんが、

できるだけ、図で本の内容をまとめられるように、頑張ってみたいと思います。

 

2017年の振り返りと、2018年の抱負をちきりんさんのツイートより

 

2017年の事象を振り返りそこから見つけた機会・課題から、

2018年を何を抱負とするのか考えてみたいと思います。

 

後たまたま見た、ちきりんさんのツイートより来年の抱負をより

具体的に実行レベルまで腹落ちさせて書いてみました。

まだ、今年の抱負を考えていない人は参考にしてみてください。

 

2017年に新しく始めたこと

・ブログ

アフィリエイト

・サイト制作

・仮想通貨

・株

・お弁当作り

・読書毎月5冊

転職をきっかけに自分の時間が増えて色々と手を付けてみました。

もともとWEB業界にいたので、ブログやサイト制作はど素人です。

でも実際にやってみるとSEOの事とか勉強と出来てとてもおもしろかったです。

やはり、数字で結果が見えるというのが自分の性にあっているみたいです。

 

仕事はWEB会社から総合代理店と移りました。

WEB広告から離れて気づいたのは、自分が思っていたよりWEB広告が好きだということでした。

プライベートの時間だけじゃなく、

仕事でももう1度WEBに関わっていきたいと思いました。

 

正直言ってしまえば、2017年は自分は何をしたいんだろうかと悩みまくった1年でした。

「本当にしたいのは何か」と1,000回くらい自分に質問しました。

ただ環境のせいにはしたくない。と思っていたし転職したばかりだったので行動できずにいました。

 

2018年の抱負

 今年の抱負について、どう考えたらいいのかと悩んでいた時に

たまたま、以下のちきりんさんのツイートを見つけて、それを参考に考えてみました。

 

f:id:jollibee0719:20180102162359p:plain

大学生の頃にちきりんさんの事を知り、就職活動ではめちゃくちゃ影響をうけました。

どれ位受けたかというと、大手ゼネコンの3次面接などどっぷり大手志向だったのに、気づいたらベンチャー企業しか受けてなくて、「自分が将来会社からクビになったらどうしますか」という質問をいろんな面接官にぶつけて就活をしてましたw

自分のキャリアを考える上で、ちきりんさんにはいつも救われている気がします。

どんな世の中を実現したいと思っているのか、というビジョン

そういう世の中を実現するために自分や自社にかせられた使命

そういう世の中を実現するために自分や自社にかせられた使命

 ということで、早速この3つについて考えてみたいと思います。

 

どんな世の中を実現したいと思っているのか、というビジョン

このブログにあるように、「広告で人を幸せにしたい」というのは変わらないと思います。

広告を見て人が笑ったり、感動したり。

広告で担当企業の業績があがったり。

広告で求めていた商品と出会い、誰かが喜んだり。

 

そんな世界感を作っていきたいと思っています。

正直去年まではここまで言語化できてませんでした。

何故これをやりたいのかと思えるようになったのか、考えてみました。

 

中小企業でも売上をあげやすい

これは業態によるのですが、通販で商品を販売している企業であれば

WEB広告は、少額から実施できます。

WEB広告で大きな業績をあげている企業は少なくありません。

私の実家も小さな小売店を営んでおります。

テレビ広告を実施するお金はありませんが、WEB広告でわずかながら利益をあげています。

もっと自分の知見を活かして、貢献したいなと思っています。

 

広告効果が目に見える

根拠がないのに施策をやるのがどうも性にあいませんでした。

数字的根據から、仮説を立てて広告をする方が私には向いているみたいです。

数字から新しいターゲットが浮かびある時はワクワクします。

広告は必ずしもうまく行く訳ではありませんが、ただWEB広告の場合失敗でも出稿した結果から次に活かせることはたくさんあります。

 

若くてもプレイヤーとして戦える

WEB広告ってどんどん新しい技術や手法が生まれます。

私が広告営業マンだった時は、Yahoo!がインフィードの広告メニューを出したり

レコメンドウィジェットが登場しました。

こうやって新しい情報を勉強すれば、若手でもそれを武器に前線で戦えます。

実際私はそれでお客様と対等に話せるようになり、さらに信頼を勝ち取ることで営業成績をグンとあげることができました。

今でも毎日の勉強のおかげでしかないなと思っています。

 

こう考えてみると、自分の本当にやりたいことは広告だなと思いました。

そもそも、他の分野でここまで考えることもなかったので、そりゃ広告だろ。

という感じなのですが、それでも確信を持つのって難しいなと思いました。

 

そういう世の中を実現するために自分や自社にかせられた使命

では、どういったことに取り組むのか。

ビジョンを実現するために、やらないといけないと思うこと、

 自分がやりたいと思っていたこと、の2つがあります。

 

WEB広告業界の健全化に取り組むこと。

長澤 秀行さんのように業界を自分事のように捉えて問に取り組みたいです。

WEB広告は、PR表記問題、ステマ問題、welq問題、アドフラウドなど問題も多い業界かと思います。ただ長澤さんも仰っていましたが、改善に取り組もうと推進する業界ではあります。

これは「広告で幸せにたしたい」というビジョンを成し遂げるためには、私もWEB広告の健全に取り組む必要があるのではないかと思っています。

 

業界にインパクトを与えるような事例を作ること。

事例をつくるということは、1つの成功モデルでもあります。

そういった成功モデルができることで、他の企業のマーケに影響を与えることができたら

広告を見て人が笑ったり、感動したり。

広告で担当企業の業績があがったり。

広告で求めていた商品と出会い、誰かが喜んだり。

が最大化されて、ビジョンに近づくことができるんだと思うんですよね。

あとその事例が記事とかになったら単純にかっこいいですよね!w

 

その使命を達成するために提供しなければならない具体的な価値

つまり今年何すんのっていう話ですね。

上記にあげた2つについてそれぞれ考えてみようと思います。

 考えるポイントは、できるだけすぐ実行できるとこを考えることなのかと思います

 

「WEB広告業界の健全化に取り組むこと」を達成するために提供する具体的な価値

と言いながらもここに関しては、あまり考えていませんでした。

まずはJIAAに加入して現状を理解してから自分に何ができるか考えみます。

社内での啓蒙活動やSNSでの情報発信を行ったり、自分で公演をやってみたいと思います。 

 

「業界にインパクトを与えるような事例を作ること」を達成するために提供する具体的な価値

デジタルマーケで顧客の利益を創出し続ける。

ってことにつきるかと思います。

デジタルマーケティングといってもSNSなのかSEMなのか、データ解析なのか

ジャンルにこだわりはあまり持っていません。

 

直近で行動することとしては、まずその環境下にいないのでもう1度WEB業界に戻ります。

そしていくつかのジャンルの中で自分のプロフェッショナルの領域を作ります。

最新の事例を追うために、毎月の5冊の読書のうち、1冊か2冊はデジタル広告領域の本を読むことにします。

このブログでも自分で考えた内容の情報発信もしていきます。

 

最後に

年始にじっくり考えてみました。

よく見る「今年の目標!これをやる」という具体的アクションからはいるのではなくて、

本当に成し遂げたいビジョンは何かという抽象的なところから出発して考えることで

やりたいコトを成し遂げるために、やらないといけないコトが見えてきました。

 

というわけで、もう1度WEB広告の業界に飛び込みたいと思っています。

実は今月最終面接で、遅くても4月にまた東京にいくかと。

 

前回の転職は、こういうことを考えなかったから長く続いてないのかなと思いました。

皆さんも是非試してみてください。

 

NETFLIXオリジナルドラマのおすすめ「THE GOOD PLACE」

いつか、NETFLIXの面白いドラマのまとめ記事を書きたかったのですが

大してオススメでもないドラマや、そもそもそんなにドラマ見てないし。

NETFLIX以外でも見れるドラマのまとめ書いても意味ないなーと思って書いてませんでした。

 

そもそもなぜ書きたいと思っていたかというと、このドラマが面白すぎたからです。 

f:id:jollibee0719:20171229162530j:plain

 

数本見た中でもぶっちぎりで面白かったです、

しかも初めてNETFLIXで見たオリジナルドラマだっただけに

自分の引きの強さに驚いています。

 

きっかけは主演女優のクリスティン・ベル

何故このドラマに惹かれたかというと主演女優が「クリスティン・ベル」だったからという理由。

 

クリスティン・ベルは、ヴェロニカ・マーズシリーズで主演女優で、私はこのドラマの大ファンでした。

f:id:jollibee0719:20171229163104j:plain

 

 このドラマはシーズン3で終わってしまい、半ば打ち切りという形で終わってしまったドラマでした。

しかしその後クラウドファンディングで、クリスティン・ベルなど演者達が制作費募集を呼びかけ、見事5億円を集めて映画が決定。

 

www.youtube.com

 

「THE GOOD PLACE」について

ドラマのタイトルの和訳は「いい所」、このドラマでは天国のことを指します。

できるだけ事前情報なしで見てほしいので、最小限にとどめます。

 

①話は主人公が、死んで天国にいくところから始まります。

②天国の住人になった主人公は、天国での生活の説明を受け、天国の住人になります。

③主人公はあることに気づきます。

 

とにかく、コメディ要素が強い笑いっぱなしのドラマです。

1話も20分ちょっとで短くので、ついつい一気見してしまいます。

そして、ストーリー設定も今までに見たことのないような物!

まさに必見です。

 

まとめ

ネットフリックスオリジナルで見た作品は決して多くないですが。

この作品は是非見てほしいです!

ネットフリックスは、最初の2週間無料なのでこれだけでも見て損はなし。

※私は、日本語吹き替え版と、字幕版と2回見ておりますw

そして是非皆さんの感想を聞きたい!