広告・マーケで人を幸せにしたい

マーケティングや書評中心のブログです。

【沈黙のWEBライティング】マーケで幸せにするってこういう事なのかな。

今月読む本は、良書が多い!

何もわからず、ブログを始めてみましたが適当に書くのではなく、

どうやったら役に立つコンテンツを作れるのか悩んでいた頃。

体系的に学ぶためにとライティングの本を1冊読もうと考えていた時に

出会った本を紹介します。

 

 読み終わっての感想は、ブログを始めた人が最初に読むべき本なのではと思いました。

もっと早めに読んでおげば良かった・・・・

ブログのアクセスあげたいけど、具体的に何をすればいいか分からない!という方にオススメです。

備忘録のためにも書評を書きたいと思います。

 

沈黙のWEBライティングについて

本書は、マンガのキャラクターが登場し、

物語を読みながらWEBライティングについて楽しく学べる本となっています。

因みに、「沈黙のWebマーケティング 」に続く第2弾の作品ですが、

前作を読んでいなくても理解できる内容になっています。

※私も「沈黙のWebマーケティング 」はまだ読んでいません。このあと読みます!

 

ストーリーの内容は、両親をなくした姉弟が実家の温泉旅館を引き継ぎ、

WEBで集客しながら温泉宿を営むというお話です。

最初はうまくいかないのですが、主人公のWEBマーケッターに出会い、

オウンドメディアを作りながら温泉宿のWEB予約を徐々に増やしていくという話です。

 

WEBライティング、コンテンツ制作の初心者である登場人物と一緒に学ぶことにできるので、本書を読んだ後は手を動かしたくて仕方なくなります。

 

この本の著者について

著者は、松尾茂起(まつお しげおき)さんという、

株式会社ウェブライダーの代表を務める方です。

松尾さんは、本書以外にも

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル

現場のプロがやさしく書いた Webサイト運営・プロデュースの教科書

を執筆されております。

本書が最新作のようです。

 

 またSEOテンプレート「賢威6.2&7」公式サイト。信頼と実績のSEO

校閲ツールの文賢(ブンケン)などのサービスをリリースしています。

 

この本で勉強になった事

自分が勉強になったことを羅列します。

実際に本を読んでみないと、それが何故必要なのかわからないかと思います。

下記を読んで、こんなことが学べるんだと感じてください。

そしてj実際に本書を読んでみると、理由・根拠を理解するので自分の身になります。

 

リライトの仕方

・改行と行間の間取り

・漢字とひらがなのバランス

・代名詞を減らす

・箇条書きを利用する

・情報をカテゴライズする

・いらない文章を削除する

・感情表現を入れる。

 さっそくガリガリ、リライトしていきました。

読みやすくはなりましたが、もっとコンテンツの中身を充実させないと

 

冒頭文で意識する事

・記事の更新日を記載

・誰に向けた記事かを明記して自分事かさせる

・記事に書かれている内容を要約

・目次を追加する

・話者を明らかにして共感しやすくする

 知っている内容もありましたが、「なぜ」かわかっていませんでした。

人気ブロガーが言っていたから、と何となくでやっていましたが

これで理解して実践することができた。

 

色わけルール

赤:否定、禁止、ネガティブ表現

紺:肯定

緑:例示、用語の強調

オレンジ:単純な強調

 あまり色使ってなかったけど、これを機に使おうと思います。

これはエクセルとかパワポでも同じことが言えそう。

 

論理的な文章を構成する3つの要素

・根拠→理由→主張を考える。

・「反論」「反論に対する反論」を入れるとさらに信頼感がわく

気づかなかったけど、たしかにこういう文書を読んだことあるな。 

 

文法について

・主語と述語は近くにおく

・修飾語は被修飾語の近くにおく

・被修飾語が複数ある場合は、長い修飾語を先に置く

基本的な文章についても勉強になりました。

これは、手紙やメールでも言えるビジネススキル。

 

論理的思考のポイント

・大きいものを小さくしていく

・曖昧なものを具体的にしていく

・結果から生まれてた原因・理由を考える

・そもそも論で考える

・とにかく「問い」を投げ続ける

 

 ページのプランニングを進めるための要素

・ページの目的

・ターゲットユーザーの選定

・上位表示を狙うキーワード

・月間検索回数

ベンチマーク

ベンチマークの強み

・ページの仮タイトル

・感情フレーズ

 これが一番知りたかった内容でした。

よく「いきなりコンテンツ作るな」って言うけど、「具体的に何すればいいんだよ」

と思っていたのでとても助かりました。

とりあえず速攻でマインドマップをダウンロードした!

 

まとめ

他にも勉強になることたくさん!

「タイトルに重要な10のパターン」

「はてぶの重要性」

「初期露出経路」 

目からウロコの要素が丸出し、これをしっかり読んで実行して結果出せば

コンサルできるレベルだと思いました。

 

また、ブラックSEOとかwelq問題など、モラルハザードが起きている昨今、

コンテンツに真摯に向かうスタンスのウェブライダーさんに対して

とても好感をもちました。

 

本書のように、私も小さい企業の力になれるようにこれからも頑張りたいです。

また目標となるロールモデルができました。