広告・マーケで人を幸せにしたい

マーケティングや書評中心のブログです。

【多動力】デザイナーに理系も文系も関係ない

先日、友人と結婚式の帰りの車の中でこんな話になりました。

「デザインに文系理系でわけるのはナンセンスだ」と。

 

彼は、高専を出てデザインの勉強をして今はコーダーをやっています。

彼のその考えについて、

「融けるデザイン」という本と

ホリエモンの「多動力」という本から影響を受けていると話してくれました。

 

そう言えば多動力、買ってたのに読んでいなかったなと思い

家に帰ってからすぐに読みました。

 

どんな人にオススメかというと難しいのですが、

ホリエモンってこう考えて仕事しているんだよって

話なので、下記を読んで気になったら読んでみてください! 

多動力について

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

 著者についてはもはや紹介はいりませんねw

 

多動力とは、いくつもの異なる事を同時にこなす力の事を言う

と本書で述べられています。

次々と違うことに興味をもつし、中途半端になりがちのため

多動力は仕事で活かすコトがあまりない。

それが今後、多動力が大事になってくると堀江さんは言います。

 

その理由は、インターネットの発達により

様々な産業がインターネットでつながるようになった。

例えば。自動車がインターネットに繋がり

自動運転が進めば、

もはや自動車の形である必要はなく、ただの移動する椅子になるかもしれない。

そのとき、自動車業界もインテリア業界も縦の壁はなくなる。

このあらゆる産業のタテの壁が溶けていく、

かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに超えていく越境者だ

 

情報は、調べればいくらでも出て来る今の世の中で

あらゆるこ業界の基礎を知っておいた方がいいという事でも

あるのかなと捉えています。

 

それを印象づけるエピソードが、ツイッターでも話題になった寿司屋の話です。

 

寿司を握るのに、何年も皿洗いして修行するのは馬鹿馬鹿しい

 

この発言理由として、

昔であれば寿司の握り方も含め、様々なノウハウは

秘伝のタレのように公開されていなかった。

修行して弟子入りしないと寿司の握り方さえ知る術がなかったということです。

 

それがインターネットの普及により、

様々な情報がオープンでコネクトされた状態になった。

こないだ私が記事で書いた、「さばけるチャンネル」ではありませんが

動画や記事でいくらでもノウハウを手に入れることができます。

www.adhappy.site

 

そんな世の中で、寿司を握るのを教えてもらうために3年も皿洗いする必要はないと。

ホリエモンはいいます。

確かにそうですよね。

 

というわけで、

今や情報自体にあまり意味はないので、

とにかくチャレンジしようという行動力とアイデア

進化させる力が求められるホリエモンは言います。

 

面白いですよね、

本書では、その多動力を身につけるために

今からするべきこと、やめるべきことを教えてくれます。

その内容は本書を買って読んでみてください!

読みやすく1時間くらいで私は読めました。

 

この本を読んで実践すること

・3つの肩書を作る。

・フルマラソンにエントリーする。

・飽きたことノートをつくる

・きになった物事を歴史の奥まで掘って本質を理解する。

・明日会社が一ヶ月休みになったらやりたいことを考え、

 来週の土曜日それだけをやる。

 

ざざっとこんな感じでしょうか。

読んでない人は何のこっちゃという感じですが汗

 

まとめ

あと以外だったのがホリエモンは結構寝ているってことw

なんか起業家の人のインタビューや本を読むと、

全く寝ていないのですが、ホリエモンは違ったので安心しましたw

 

今年は、マラソン、料理、ブログ、CSS、読書、SEO、リスティング、株、仮想通貨

様々なことに手をだしてしまいましたが、

悪いことじゃないんじゃん。

と少し安心しました。

 

とはいえ、器用貧乏にならないように今やっていることのレベルは

もっと上げていったら、また横に伸ばしていきたいと思います。

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)