広告で人を幸せにしたい

広告営業マンのブログです。広告やお弁当のことを中心に書いていきます。

【図で考えるとすべてまとまる】これからは読書後、図でアウトプットする

2017年は月に5冊を目標に読書することで、読書がすっかり習慣づきました。

読んだ内容を忘れないように、こうやってブログでアウトプットしております。

ただブログに本を書き写しては意味がないと思っていたので、

自分で図にまとめてアウトプットしたいなと思っていました。

 

そんな時に見つけたのがこの本です。

パワポ力を向上したい方、ロジカルシンキングができるようになりたいという人にもおすすめです。

図で考えるとすべてまとまる

図で考えるとすべてまとまる

 

 

著者について

村井瑞枝(むらい みずえ)さんは、現在外食企業への戦略コンサルを行う会社を立ち上げ、代表を務めています。

高校卒業後、調理師専門学校を卒業。

その後アメリカの名門ブラウン大学を卒業。

外資系の金融会社や、コンサル会社という面白い経歴の方です。

手作りマドレーヌのお店をやっており、

料理、金融、マーケティングと3つの領域のプロといった感じですね。

インタビューで見たのですが、幼少時代は給食のメニューを1ヶ月感覚えていたようです。

凄く頭いいんですねw

 

本書について

1時間30分位でさくっと読めました。

ざっくり言うと、以下の3部構成でできていると思います。

①図で考えることの必要性やメリットの説明

②7つの図のパターンの説明と例題

③実践シーンを物語調で復習

 

①は、ささっと読んでいいと思います。

②、③から面白くなり一気に読みました。

 

この本を読んで

①物事の整理の仕方

②きれいなパワポの作り方

を身につけれると思います。

 

図の構図は見たことありましたが、どんな時に使うのかわからなかったので

大変勉強になりました。

 

本の内容を実践してみる。

というわけで、早速本の内容を実践して図解してみたいと思います。

お題は、ブログのアクセスアップについて考えるです。

 

 

因数分解の使い方

因数分解は、複雑な問題に取り組む時に、アイデアを考える切り口を与える。

 達成したい目的を一番左箱に入れる。

その目的を構成する要素は何か考える。

イデアをできるだけたくさん出すことが大事。

f:id:jollibee0719:20171231184226j:plain

 

 

マトリックス図の使い方

物事をタイプ別に分けることで、それぞれの関係性や優先順位を決める。

 

f:id:jollibee0719:20171231190035j:plain

こうやって書いてみると、解決策がしょぼいですね。

わかってるんだけど、それができないからアクセスが伸び悩んでいるんだという感じですね。

というわけで、インパクトが大きいけど難易度が高い方法を実践していきます。

この難易度は自分の今のスキルに対しての難易度なので、

これをどうやって難易度を低い方法にするのかを考えてみたいと思います。

結論、ユーザーのためになるように、しっかり考えて記事を書くことにつきますね。

 

■表の使い方

たくさん、情報を簡単に整理する際に使う。

様々な方の意見を言ってまとまらない時に便利で一番使うようです。

今回の例では必要なさそうなので、割愛。

 

■比較のパターンの使い方

何かを比べてどちらがいいか検証する時、またそれぞれの違いを示したい時に使う。

私は、今のブログのどのカテゴリの記事を強めるべきか表にしてみました。

f:id:jollibee0719:20180108140558p:plain

 

△は、条件によるという意味です。

 

広告と読書感想文は、アウトプット記事にするのに時間がかかっています。

しかしどちららも書いてた楽しいカテゴリです。

読んだ本をジャンルにわけてまとめサイトにしてみたり、

〇〇な人にオススメシリーズの記事などを作ってみたいと思います。

 

 

■線表のパターン

目に見えない時間を誰にでもわかる形にする時に使う。

ここでは自分で管理しているので、わざわざ表にする必要がないと思うので割愛。

 

 

■コンセプトのパターン

 これを使うと、とても簡単にかつ分かりやすく、そのものの特徴を表現できるです。

コンセプトを表現するためには、まずコンセプトを構成する要素の数だけ◯で書き出して

その◯同時がどういう関係なのかで伝えることができます。

このブログに当てはめて考えてみました。

f:id:jollibee0719:20180108142529p:plain

自分のブログのコンセプトを改めて考えてみると

今のブログのあり方って上記のコンセプトとずれているなーと。

改めて、誰のためのブログなのか考えなおして運営していきたいと思います。

 

 

まとめ

図で考えるって究極の抽象化ですね。枝葉を切り取り、根本的な特徴のみ表す。

今回本で学んだことが、読書後のアウトプットに活かせるのかわかりませんが、

できるだけ、図で本の内容をまとめられるように、頑張ってみたいと思います。