広告・マーケで人を幸せにしたい

マーケティングや書評中心のブログです。

【リアル行動ターゲティング】自分の行動からどんなニーズがあるのか考えてみた

最近、行動ターゲティングに関するサービスについて触れたことがあったので

まだ読んでいなかった横山さんの「リアル行動ターゲティング」の本を読みましたので備忘録として。

まだ行動ターゲティングって何?って人でも楽しめる本だと思います。

 

リアル行動ターゲティング

リアル行動ターゲティング

 

 

本書について

デジタルマーケティングって、いろんな言葉の意味で使われておりますが、

オフラインの事象をデジタル化してマーケティングに活かす。事だと考えています。

 

よくO2O(Online to Ofline)というオンライン広告を活用して、実店舗の集客へ繋げるという言葉がありますが、

行動ターゲティングのように、オフラインの情報を元にマーケティングを行いオンライン広告を実施するといったOfline to Onlineという考えがあるというのはとても興味深いものでした。

 

筆者は本書の中で、消費者のニーズは行動に表れると言っております。

それを裏付ける面白い話が紹介されていたですが、筆者の横山さんが昔

お皿の趣向調査のために、主婦に対して街頭アンケートをしたそうです。

いくつかのお皿のアンケートで、使いたいもの、贈りたいもの、贈られたいものに関するインタビューをしているようです。

みたいにアンケートをとっていたそうです。

アンケートが終わった後に、「せっかくですからそれぞれ好きな物を持ち帰ってください」と言うと、是非家で使いたいといったものではなく、ほぼ全員がシンプルな丸皿を持ち帰ったらしいのです。

 

つまり、本当の心理は行動に表れるのであって、意見を聞くことだけではなく心理を得られないというコトを実感したそうです。

 

本書では、そんな行動ターゲティングの重要性と、行動ターゲティングから消費者に広告をあてる手法についても紹介しております。

 

本書を読んで考えてみたこと

 では自分の行動からどんなターゲティングがされうるのか考えてみました。

行動っていうとネットとリアルに分かれると思います。

ネットの場合は、リスティング広告などあるので捉まえるのは比較的容易だと思います。

ということで、リアルで私はどんな行動をとっているのだろうか。

携帯の位置情報サービスから読み取っていましょう。

 

広域

f:id:jollibee0719:20180131212604j:plain

広域で見てみると、海外に言っていることがわかりますが、

これではたまに海外良好に行く人位でしかわかりません。

航空券の格安セールなどの広告は少し有効かも。

 

狭域

f:id:jollibee0719:20180131212615j:plain

 これで見ると宮城県が活動拠点になっていて、たまに東京に行く人のようですね。

また宮城が拠点であるため、盛岡や岩手にも行っているようですね。

出張でいろんなところに行くか、または、国内外問わず旅行が好きな人かもしれません。

 

もっと狭域

f:id:jollibee0719:20180131213416p:plain

これを見てみると仙台に住んでいる可能性が高いっすね。

石巻にも結構行っているっぽいです。

実家が石巻なのか、仕事で行くことが多いのかもしれません。

車を使っているのであれば、自動車の広告に反応するかも?

石巻のイベント告知があれば来てくれるかも?

 

「仙台在住」だけでは、ターゲティングの精度としては荒いですね。

 

もっともっと狭域

携帯がアンドロイドであれば、グーグルマップから上記のデータもとれますし、

頻繁に行く場所も特定できます。

私の場合

1.会社

2.家の最寄駅

3.家

4.会社の最寄り駅

5.担当クライアント

6.生協

7.家の近くのファミマ

8.仙台駅

9.ビッグ(イオン系のスーパー)

10 .石巻駅

 

といった感じです。

家と会社まで電車での往復が多いですね。

この時点で年代や性別がわかっていて、ある程度同じ行動を取っている人のデータが取れたら電車の広告をやりましょう。って判断がつきそうです。

 

 

他にも、生協やビックに行くということは料理をする可能性が出てきます。

そんな人のニーズはなんでしょう。

スーパーのちらし広告もいいかもしれませんし、オイシックスみたいな宅配サービスも良さそうですよね。

こういう事を考えるとよだれがでる位楽しい。

 

本書から学んだマーケティング思考

 デジタルマーケティングが面白いのは、デジタルのデータが取れたからといってデジタル広告をするのではなく、リアルの行動をデジタルデータ化して、リアルの施策を行う。という所だと思います。

 

行動ターゲティングを考えた時、ネットやリアルと分けて考えていましたが、

こう考えるとそこを横串で考えるのが、デジタルマーケティングなわけです。

 

まとめ

アドブロックという、広告を表示にするするアプリがアップルストアでランキング入りしたりする位広告って嫌われがちですが、ターゲティングの精度が上がり本当の意味で消費者のニーズを満たす情報発信ができれば素敵な世の中になるんじゃないかと思っています。

私はそんな世界観を作っていきたいと思っています。

そのために広告業界の健全化にも取り組んでいく所存でございます。

 

しかし横山さんの本は勉強になります。

もっと詳しく知りたい方は是非こちらの本を

 

リアル行動ターゲティング

リアル行動ターゲティング